ローンは似たような使い方や名称の商品でも、金融機関によって違いがあることも多いのです。どこで借り入れをするのか、ローン選びには金融機関選びは重要な点となってくるでしょう。
カードローンの借り換えはその最たるもので、銀行で取り扱われているものと消費者金融で取り扱われているものは、規制する法律が違うため申し込みができる方や限度額などに大きく違いが出ています。申し込みをして利用できる状態になれば、カードを利用してあるいはネットなどから気軽に借り入れができるということは同じなのですが、利用できる方の条件が違ってくるのです。
信販会社などでもカードローンが扱われていますが、商品購入時のローン(割賦販売)なども扱っていますので個人への貸し付け専門というわけではありません。また銀行は当然預金を預かって口座を開設したり、証券なども取り扱ったりと多岐に営業範囲が渡ります。その中では消費者金融は個人への貸し付けを専門に行っていることが多く(ビジネスローンの取り扱いをしている消費者金融もあります。)借り入れまでのスピードやサービスなどには定評があります。
こういった金融機関の得意分野は営業の範囲も含めて、簡単に変えられるものではありません。銀行は個人貸付をしたいと思っていますが、そのノウハウに欠けるために消費者金融などを保証会社として審査システムなどを活用しているケースもあるのです。
自分がどのようにカードローンを使っていくのかということは、借り入れ先の金融機関を決定する時に大切なポイントとなるでしょう。専業主婦のように本人収入がない方は、消費者金融には申し込みができません。銀行カードローンには申し込みができます。このように、自分が申し込みできる金融機関、さらに条件を満たしているか(年収条件などがあるカードローンもあります)といったことがまず大切で、その後にローンスペックなどを比較していくことになります。申し込みができない金融機関のカードローンをどれほど使いたいと思っても、その時点では利用を諦めなければいけません。